ダイエットはリバウンドで悩む|脂肪溶解注射で解決

女の人

肌を切り取る整形手術

婦人

伸びて垂れ下がった肌

頬のたるみは、肌が弾力を失って長く伸び、皮下脂肪ごと垂れ下がってくることで生じます。したがって頬のたるみを改善するためには、肌の弾力をアップさせ、引き締めることが必要となります。しかし肌は加齢により日に日に衰えていくので、引き締めることは簡単ではありません。そのため美容外科では、伸びた肌を切り取るという整形手術がおこなわれています。切り取れば、その分だけ肌は短くなり、垂れ下がりにくくなるのです。この整形手術では、肌は多くの場合、頬から耳の裏側まで引っ張られ、そこで切除されます。また目の下の、まつ毛が生えている部分で切除されることもあります。どちらの場合も、頬の皮下脂肪が持ち上げられるので、リフトアップ効果が出てきます。

効果を長続きさせるために

頬の肌を切り取ることで、たるみは改善されますが、その状態を維持するためには、残った肌の質を向上させる必要があります。そもそも肌の弾力の低下は、加齢によって肌からコラーゲンが失われることが原因となっています。そのためコラーゲンが不足したままだと、切り取った後の肌もどんどん伸びていきます。そして伸びれば伸びるほど、皮下脂肪の重みで再び垂れ下がるようになるのです。そのため美容外科では、コラーゲンを増やすための治療もおこなわれています。注射でコラーゲンを直接注入したり、レーザーや高周波でコラーゲンの生成を促したりといった治療です。これらの治療によって、肌のコラーゲンが増えれば、頬はたるみのない状態を長く維持できるようになります。